12月13日(金)、民意なきLRT導入を阻止する会(代表:上田憲一氏)は、宇都宮市内で導入検討されているLRT(次世代型路面電車)の是非を問う住民投票の実施を求める署名簿を宇都宮市に提出した。

 この署名簿は住民投票条例の制定請求をするもので、地方自治法により定められた署名数(宇都宮市選挙管理委員会告示:8,318名)を得た場合、宇都宮市は議会で住民投票実施について採択しなければならない。

 11月8日から開始された署名活動は、多くの署名収集人(受任者)や署名者、さらにはこの活動を支援する方々で行われ、結果、32,419筆の署名となった。

 提出後、会見に参加した上田代表は1ヶ月という短期間で、押印まで必要な今回の署名にこれだけ多くの方々が協力いただいたことに御礼を述べるとともに、署名の人数には表れない更に多くの賛同者がいたことを紹介。
今後の署名簿の扱いについて上田代表は「宇都宮市議会の皆様には、これだけの市民の思いを必ずや受け止めていただけると確信している」とした。

 提出された署名簿は、宇都宮市が精査し、来年1月2日に有効署名者数の告示がされる。
翌3日から9日まで縦覧および異議申し立て期間を経た後、2月中旬頃までには臨時議会招集により住民投票の実施有無について採択される見通し。

 ≪民主党栃木県連役員出席者≫松井正一県議、斉藤孝明県議

宇都宮市選挙管理委員長に署名簿を渡す上田憲一代表(右)と阻止する会役員 記者会見にのぞむ阻止する会役員

 宇都宮市選挙管理委員長に署名簿を渡す上田憲一代表(右)と阻止する会役員

 記者会見にのぞむ阻止する会役員