2013年8月27日、民主党栃木県連(福田昭夫代表)と民主党・無所属クラブ(佐藤栄代表)は、県庁特別会議室にて連名による、2013年度(平成25年度)中間期における政策推進及び9月補正予算等に関する要望書を福田富一栃木県知事に提出しました。
 佐藤栄県議から「今回15項目について要望を提出させていただいたが、その中でも特に、?総合スポーツゾーン構想の具体化、?指定廃棄物最終処分場の一定の方向性の提示、?東京電力福島第一原発の汚染水漏れへの踏み込んだ対応。この3点については知事のリーダーシップを強く発揮していただきたい」と述べました。
 9月6日(金)、福田知事から回答を頂く予定です。

福田知事(右)に要望書を渡す 要望書提出後、記者会見する民主党・無所属クラブメンバー

 福田知事(右)に要望書を渡す
(左から)加藤正一県議、松井正一県議、斉藤孝明県議、佐藤栄県議

 要望書提出後、記者会見する民主党・無所属クラブメンバー
(左から)加藤正一県議、斉藤孝明県議、佐藤栄県議、松井正一県議

 

<要望書>

 2013(平成25)年度 中間期における政策推進及び9月補正予算等に関する要望書   県当初予算及び政策推進に関する要望書に対する回答