民主党青年局北関東ブロック(所属県連:栃木県・埼玉県・茨城県・群馬県)は、7月のキックオフ会議にて各県単位で研修会等を開催するという活動計画を議決し、この決定に基づく協議の結果、初めての研修地を茨城県内としていた。
 茨城県連は研修会を当県連主催の政治スクールと抱き合わせで行うこととし、10月7日(日)、土浦市で開催。本県と埼玉県の青年局メンバーが参加した。
 政治スクールは、茨城県連青年局所属の議員と一般参加者約20名が受講しており、第1部では、元我孫子市長の福嶋浩彦氏が「市民自治と議会の役割」と題した講演を行った。
 第2部は、北関東ブロック青年局代表の三神尊志さいたま市議が「会派におけるローカルマニフェストサイクル構築に向けて」を講演。
 2011年11月に行われた『第6回マニフェスト大賞授賞式』にて、三神市議が所属する民主党さいたま市議団が『マニフェスト大賞グランプリ(地方議会部門)』を受賞し、ローカルマニフェストを策定するまでのPDCAサイクルの構築について詳しい説明があった。
 どちらの講演も大変明瞭で充実した内容であった。講演後、参加した本県議員は、「我々の活動は市民との関わりや対話を重視し、議会を改革していくことであり、更には継続が肝要であるとあらためて実感した」と語った。

 (本県参加議員:落合誠記町議、斉藤孝明県議)

講演に立つ福嶋浩彦氏 講演に立つ三神尊志さいたま市議

 講演に立つ福嶋浩彦氏

 講演に立つ三神尊志さいたま市議