参加した女性議員

7月5日から6日にかけて都内にて「2015女性議員ネットワーク会議 総会・研修会」が開催された。
「女性議員ネットワーク会議」は様々な政党に属する全国の女性議員をメンバーとした団体で、当日は栃木県連から平木ちさこ男女共同参画委員長が参加。全国からも110名が集まった。

初日は全体会から始まり、総会で提案する2014~2015年度活動報告、2015~2016年度行動計画(案)、アピール(案)、岡田代表に宛てた要望書(案)の内容について事前に確認した。

その後研修会が2枠実施され、研修会(1)での「女性議員を増やすための環境整備」については、12グループに分かれワークショップ形式にて統一選の経験を共有した。各グループでは「家事や育児、介護との両立」、「選挙経験のあるスタッフの不足」、「資金面」、「ロールモデルの少なさ」など女性が立候補し、政治の場で活動していくことの厳しさが多く発表された。
次の研修会(2)では「各議会の取り組み紹介と意見交換」として、子宮頸がんワクチン被害、市民活動促進条例、性暴力被害等の課題が取り上げられた。

ワークショップを行う平木ちさこ男女共同参画委員長(中央左)

2日目の研修会は、映画「みんなの学校」の上映会から始まった。この映画は、大阪市住吉区にある大阪市立大空小学校の取り組みを長期にわたり追い続けた教育ドキュメント。
大空小学校は、子ども、教職員、地域住民が一体となって~すべての子どもに居場所のある学校づくり~を目指している。特別支援学級を設けず、すべての子どもたちが同じ教室で学び『みんなでつくる、みんなの学校』をスローガンに、子どもたち一人一人も協力し合いながら学んでいく姿が映されていた。

次の研修会では「多様な人々との共生社会づくり」と題し、前参院議員で現在はLGBT政策情報センター代表理事を務める尾辻かな子さんからLGBTの人たちを取り巻く環境や課題について講演。
その後、党の政策説明があり(1)安全保障、(2)労働法制、漏れた年金、(3)第4次男女共同参画基本計画、(4)女性活躍法案(5)性犯罪者被害者支援、選択的夫婦別姓、(6)インクルーシブ教育について説明された。

総会では冒頭、神本美恵子男女共同参画推進本部長があいさつに立ち「クオーター制を導入させるためには、さらなる女性候補者の擁立をすることが必須」と訴え、そのために女性政治家養成の政治スクール・セミナーを各ブロックにて開催することを要請した。
そして、行動計画およびアピールが決議。岡田代表へ宛てた要望書を議決した後、ブロック世話人から岡田代表へ手渡された。
要望書を受け取った岡田代表は「先般の統一選では女性議員の議席数が17.6%と十分な結果を出せなかった」と振り返り、「4年後には今より多くの女性候補を育てていく」と強調。そのために「『候補者公募』と『政治スクール』を早急に成し遂げ、候補者の倍増に向けて尽力していく」と締めくくった。

あいさつに立つ岡田克也代表

参加した女性議員

出席する県連役員と代議員

民主党栃木県連は、5月23日宇都宮市内にて約300名の代議員参集のもと、「第19回定期大会」を開催した。

代表挨拶に立った福田昭夫県連代表は、2013年の参議院選挙後、自身が就任した以降に行われた中間自治体選挙、衆議院総選挙、先般の統一地方選挙を振り返り、「党員・サポーターの皆様からのご支援、ご協力のおかげにより、ようやく栃木県連としての統制がとれ、以前の力に戻りつつある」と謝意を示した。
そして、安倍政権の暴走について言及。アベノミクス、TPP参加交渉、労働者派遣法改悪、社会保障の崩壊、安全保障法案の5つを列挙し「日本が、戦後70年で築き上げてきた素晴らしいものをすべて壊していく安倍政権には退任してもらう」と強調した。
また、来年予定されている参議院選挙、知事選挙、宇都宮市長選挙に候補者を擁立し、「地方から安倍政権の独裁に歯止めをかける」と述べ、「県民・市民の声がしっかりと通る民主主義を取り戻すために、一致団結して取り組んでいく」と固く決意した。

あいさつに立つ福田昭夫県連代表

当日は約20名のご来賓にお越しいただき、鈴木誠一栃木県副知事、佐藤信鹿沼市長、赤羽根正夫栃木市副市長、加藤剛連合栃木会長、業界団体の代表者の方々からご祝辞をいただいた。
また、本部役員代表者として枝野幸男幹事長が来県。枝野幹事長は衆議院総選挙、統一地方選挙において、民主党が大変厳しい中にあってもご支援いただいた党員・サポーターに感謝の意を表し、「栃木県連が地道に歩んできた結果が今日に至る。民主党の明るい展望を踏み出している栃木県連においては、安倍政権の独裁を止める力となってほしい」と力を込めた。そして、民主党の目指す社会について「自民党は即効性を求めているのに対し、民主党は持続可能性を求めている」とし、「その違いを物語る典型が労働法制だ」と指摘。「労働者派遣法改悪や残業代ゼロ法案などの目先の利益、目先の景気ばかりを追求する安倍政権と戦っていく」と述べた。

あいさつに立つ枝野幸男幹事長

次第に沿い、活動報告・活動計画へと進行。登壇した松井正一県連幹事長は、昨年の衆議院総選挙において、安倍政権に代わる選択肢や、政策内容での存在感を示すことができなかった点について深く陳謝。その一方で、安倍政権のほころびが目立ち始めていることを指摘し、「国民の皆様がその危うさに気づき、意識の変化を先般の統一地方選挙の結果において感じ取られた」と述べた。そして、「今日の定期大会を再挑戦のスタートとし、民主党の再生はここ“とちぎ”から実現していく」と表明した。

また、今年は役員改選の年であり、新役員体制が満場の拍手で承認された。
そして、民主党再生に向け、地方組織を確立し、同じ志を持つ多くの仲間の当選に向けて結集することを誓った『中間自治体選挙に勝利する特別決議』が提案。了承された後、8月30日告示、9月6日投開票の鹿沼市議会議員選挙に立候補予定の大貫毅、島田一衞両候補予定者から必勝に向けて力強い決意が述べられた。

大会最後に栃木県連の結束と自治体議員選挙全員の必勝に向けた『頑張ろう三唱』を参加した党員・サポーターとともに行い、幕を閉めた。

定期大会終了後、「安倍政権の暴走をただす全国キャンペーン」の一環として県連役員は枝野幹事長とともに益子町、宇都宮市内の2カ所で街頭演説を行った。
街頭演説では「安倍政権の目論みによって戦後70年かけてこの国の先輩たちが作り上げてきた日本の宝が壊されようとしている」と枝野幹事長は懸念を表明。「国会の中だけでは限界があるのでそのことを多くの国民の皆様に知っていただき、国民の皆様の声を背に受けて、その流れを何とか食い止めていきたい」と強く訴えた。

出席者全員での「頑張ろう三唱」

街頭演説を行う枝野幸男幹事長と県連役員

街頭演説を行う長妻昭代表代行(右)と中屋大公認候補予定者

4月1日(水)、長妻昭民主党代表代行が、栃木県議会議員公認候補予定者の応援のため、栃木県を訪れ県内各地で応援演説等を行った。

10時にJR小山駅に降り立った長妻代表代行は、街頭演説会でマイクを握り、格差が拡がり続ける問題に言及。安倍首相との委員会での質疑応答を紹介したうえで、「安倍首相は格差に無頓着と言わざるを得ない。若い人たちが能力を発揮できる環境づくりが重要だ」と訴えた。

また、現在の国会情勢が、自民党一強により数の横暴が繰り返されていることに危機感を募らせ、「国政も県政も自民党だらけでいいのか」と問いかけ、間近に迫る統一地方選挙での支援を求めた。
さらには、「流れを変えるのが政治の責任」とし、「新しい風を吹かすことができるのは民主党公認候補予定者・中屋大さんしかいない」と激励した。

その後、高橋昇公認候補予定者と真岡市、船山幸雄公認候補予定者と高根沢町・さくら市でそれぞれ街頭演説を行い、同様に統一選挙での支援を訴えた。

なお、真岡市では、イチゴ栽培の視察も行った。

小山市内での街頭演説

 

真岡市内でのイチゴハウス視察

説明を聞く(左から)長妻昭代表代行、高橋昇公認候補予定者、藤岡隆雄総支部長

イチゴ販売所で談笑する長妻昭代表代行

イチゴ販売所で談笑する長妻昭代表代行

真岡市内での街頭演説

街頭演説を(左から)春山則子真岡市議、高橋昇公認候補予定者、長妻昭代表代行、藤岡隆雄総支部長

高根沢町内での街頭演説

街頭演説を行う(右から)長妻昭代表代行、福田昭夫衆院議員、船山幸雄公認候補予定者

1月27日(火)、民主党栃木県連(福田昭夫代表)と民主党・無所属クラブ(佐藤栄代表)は、県庁・特別会議室にて連名による「2015(平成27)年度県当初予算及び政策推進に関する要望書」を福田富一栃木県知事に提出した。佐藤栄代表は、25項目からなる要望書のうち、(1)指定廃棄物最終処分場の問題、(2)県立病院の経営形態の在り方、(3)LRT整備に対する対応、の3項目について改めて説明した。これらの要望について、県は2月6日(金)、県庁・特別会議室で回答した。福田知事は「収支均衡予算の編成を基本としつつ、重点事項に積極的に取り組むとともに、各種施策を着実に推進するほか、防災・安全対策など当面する県政の重要課題にも的確に対応する」とした。これに対し佐藤栄代表は、予算要望については「要望に応じ丁寧に予算計上されている点は評価出来る」とした一方、政策要望に対しては「若干の差異があるので、今後、より具体的に要望とする」とした。また、『私学教育環境の充実』についての予算計上に対し謝辞を述べた。

福田知事(右から2人目)に要望書を渡す(左から)加藤正一、斉藤孝明、佐藤栄、松井正一各県議

同席する民主党・無所属クラブメンバー(左から)松井正一、斉藤孝明、佐藤栄、加藤正一各県議

<要望内容>

【具体的な要望事項】
1.ブランド力強化と発信力強化について 14.観光政策の推進について
2.財政の健全化について 15.新しい栃木の農業戦略について
3.私学教育環境の充実について 16.米価下落対策と国の農政改革を踏まえた対応ついて
4.突発的自然災害への対応について 17.社会資本整備の推進について
5.指定廃棄物最終処分場の設置と除染対策について 18.社会資本の長寿命化修繕計画の策定と維持管理予算の確保について
6.未来につなぐエネルギー戦略の促進について 19.LRT整備に対する対応について
7.野生鳥獣害対策について 20.総合スポーツゾーン整備について
8.森林・林業・木材産業の振興について 21.とちぎ教育振興ビジョンを踏まえた本県独自の少人数学級の推進について
9.地域医療再生の取り組みについて 22.児童・生徒指導の充実について
10.県立病院の経営形態の在り方について 23.平成34年の国体開催を見据えた競技力向上対策の推進について
11.放課後児童クラブの充実について 24.交通事故抑止対策について
12.薬物乱用・危険ドラッグ防止対策について 25.特殊詐欺対策について
13.県制度融資の利用促進及び企業立地戦略の充実、創業支援の推進について

<要望に対する回答>

2015(平成27) 年度県当初予算及び政策推進に関する要望書に対する回答   民主党栃木県総支部連合会及び民主党・無所属クラブの2015(平成27) 年度県当初予算及び政策推進に関する要望書に対する回答

2月4日、民主党栃木県連は「第1回統一地方選挙対策本部会議」を開催し、来る4月に行われる統一地方選挙の勝利に向け、戦略等について確認した。
また、会議終了後、県議会議員選挙に挑む公認候補予定者が記者会見を行った。

記者会見を行う公認候補予定者(右から)佐藤栄氏、斉藤孝明氏、高橋昇氏、福田代表、平木ちさこ氏、松井正一氏、藤岡総支部長

統一地方選挙に挑む意気込みを語る福田代表(中央)