■2005年総選挙 力強いご支援、本当にありがとうございました
●2005/7/30 「躍進!民主党県連の集い2005」開催
●2005/7/4 自治体議員フォーラム栃木 結成大会
●2005/7/1 日光支部結成
■2005年総選挙 全区公認候補者決定!!
●2005/5/30 国立きぬ川学院視察
●2005/5/18 自治体議員フォーラム栃木 結成式(準備会)
●2005/5/16 渋滞緩和視察・意見交換会
●2005/4/24 第9回定期大会開催
●2005/4/4 スマトラ沖救援募金のお届け先決定
■たくさんのご支援本当にありがとうございました(知事選挙、宇都宮市長選挙、芳賀選挙区補選)
■中間自治体選挙(佐野市、那須塩原市)、ご支援ありがとうございました
●2005/3/15 福田前知事の公認正式決定
●2005/3/5 次期衆院選栃木2区、福田昭夫前知事内定

●2005/2/4 知事より要望書に対する回答
●2005/1/26 県民ネット21、知事に要望書提出

●2005/1/15 スマトラ沖地震・津波被害救援募金活動
●2004/12/20 次期衆院選、公認内定者決定!(3区、5区)

 9月11日投開票で行われた第44回衆議院選挙において、栃木県連は初めて全選挙区に候補者を擁立し、政権交代に向けて党内一丸となり戦い抜きました。
 小選挙区では全敗という残念な結果に終りましたが、2区の福田昭夫氏、4区の山岡賢次氏が比例代表選挙で当選を果たすことができました。
 約1ヶ月という短期決戦の中、連日連夜にわたり寝食を忘れともに活動いただいた皆様、そしてご支持・ご支援をいただいた多くの皆様に心より厚く御礼申し上げます。
 ご承知の通り今回は自民党に圧倒された結果となりましたが、今回の反省を踏まえ党内改革を進め今後につなげていく所存です。今後ともご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

公認候補者得票数
1区 水島広子    103,757票
2区 福田あきお   86,818票
3区 小林たかし   41,776票
4区 山岡けんじ  108,473票
5区 富岡よしただ  56,680票

比例代表選挙で見事当選を果たした福田氏【写真左】と山岡氏【写真右】

 8月30日公示、9月11日投票で行われる第44回衆議院議員選挙において栃木県連は1~5区すべての選挙区で候補者を決定しました。

8月8日の解散決定をうけ9日午後に緊急幹事会を開催。また同日午前に本部で3区、5区候補者の最終面接が行なわれ、決定された両候補者も緊急幹事会に参加。満場一致で全候補者の公認の上申を決定、12日に民主党本部にて全候補者の公認が決定されました。(※今回公認決定がされたのは、既に3月に公認決定された2区の福田昭夫さんを除く4名です。)

日本列島に民主の風を吹かすべく党内一丸となって選挙戦を戦い抜きます。国民が求める本物の改革を実行し、わが国の将来に明るい展望を切り開いていくことをお約束いたします。2005年夏、民主党政権を誕生させるために皆様の一層のご支持・ご声援を賜りますようお願いいたします。

候補者紹介

 

写真左から

1区 水島広子(前衆議院議員)37歳
2区 福田あきお(第2区総支部長、前栃木県知事)57歳
3区 小林 たかし (第3区総支部長、IT会社社長)42歳
4区 山岡けんじ(前衆議院議員)62歳
5区 富岡よしただ(第5区総支部長、元銀行員)38歳

候補者事務所

1区 水島広子事務所    〒320-0851宇都宮市鶴田町3038-3
TEL028-651-4040 FAX028-651-4043
2区 福田あきお事務所   〒321-2335今市市森友字北原740
※8月20日頃引越し予定です
3区 小林たかし事務所   〒324-0057大田原市住吉町1-2-19
※8月22日頃引越し予定です
4区 山岡けんじ事務所   〒323-0822小山市駅南6-27-4
TEL0285-28-8888 FAX0285-28-7889
5区 富岡よしただ事務所 〒327-0843佐野市堀米町610-8
※8月14日頃引越し予定です
TEL0283-23-7788 FAX0283-23-5858

栃木県連は7月30日、宇都宮市内のホテルにて「躍進!民主党県連の集い2005」(政治資金パーティー)を開催しました。今回のパーティーは次期衆院選をはじめ、民主党が今後の政治活動に取り組むための資金集めの一環として行いましたが、これらの趣旨にご理解をいただき、本当にたくさんの皆様にご協力いただきました。改めまして厚く御礼申し上げます。

党本部からも藤井裕久代表代行(次の内閣副総理大臣)が駆けつけて下さり、またお忙しい中、須藤栃木県副知事・伍井連合栃木会長をはじめ多くの来賓の方々にお越し頂き、盛大に開催することができました。
記念講演で藤井代表代行は、「こんなにもたくさんの方々にお集まりいただき本当にありがとうございます。民主党はいろいろな党が合体して出来た党。うまくいくのか?とよく聞かれるが、必ず今後まとまっていくのでどうか引き続きご支援願いたい。次期衆院選においても栃木県内でなんとか全区候補者を立て、一致団結して選挙に臨もう。政権をひっくりかえそう!」と述べました。

決意表明で、水島広子衆院議員(1区選出)「おかしな政治状況に一刻も早く手を打たねば。今一層のご支援をお願いします」、福田昭夫2区総支部長「栃木から日本を変える」、山岡賢次衆院議員(4区選出)「政権を預けさせていただいて、責任と使命でおこたえしたい」とそれぞれ述べました。
その後3人の候補者へ藤井代表代行から、また藤井代表代行へは山田県議から花束の贈呈がありました。

懇談中には記念演奏会を開き、今回は小山貢清世社中の皆さんにお越しいただき津軽三味線の演奏を披露いただきました。他の楽器には無い、激しくもどこかとってもやさしい三味線の音色に皆、会話を忘れ聞き入っていました。アンコールの演奏中には曲にあわせて踊りだすお客さんもたくさん出てくるほど、宴を盛り上げていただきそして華をそえて下さいました。

約1時間半にわたって続いたパーティーでしたが、谷参院議員より「次期衆院選挙では完全勝利を目指して頑張ろう。政権交代の夜明けは目の前。最後の最後までご支援を賜りますようお願いいたします。皆様のご協力が今度の選挙資金となります。ほんとうにありがとうございました」と述べ閉会となりました。

当初の予定とは違うある種総決起集会のような内容となりましたが、そう遠くないであろう衆院選に向け会場内約1,000人が一致団結することができ、とても熱い夏の夜となりました。


民主党栃木県連は7月4日、宇都宮市内のホテルにて「自治体議員フォーラム栃木」を結成しました。
本会は、民主党の政権交代を視野にいれ、住みよい県・市町村を目指し、自治体組織の強化・拡大を目的とし、これらに賛同いただいた75名(7月4日現在)の方々に加入いただきました。

代表に就任した佐藤栄県議より「元気の出る民主党をめざして共に頑張りましょう」、また顧問に就任した簗瀬県連代表からは「本会が中心となって地方における元気な姿を見せてほしい。地方が主役の政治を目指し頑張っていこう」とそれぞれ述べました。

当日は会則、役員、活動計画について話し合いました。活動計画については今後具体化し、積極的な活動を行ってまいります。