●2005/1/15 スマトラ沖地震・津波被害救援募金活動

民主党栃木県連は1月15日、オリオン通り寿司忠さんの前をお借りしてスマトラ沖大地震・インド洋津波の救援募金活動を行いました。
簗瀬・谷各参議院議員、石井・佐藤
・山田各県議、福田市議が現地での被害状況、現在の住民の方の生活、そして大切な人を亡くされた方々の深い悲しみ等をご報告させていただき、その間当日集まっていただいた多くの方々に募金箱を持っていただき活動いたしました。
皆様のご協力を得まして、結果69、212円となりました。これら義援金の配分先については、党本部にて最終調整中ですので、決定次第ご報告いたします。
ご協力いただきまして本当にありがとうございました。


●2005/4/4 スマトラ沖救援募金のお届け先決定

県連では、今年1月にスマトラ沖被害救援募金活動をさせていただきましたが、皆様からお預かりしておりました募金のお届け先が党本部にて決定されましたのでご報告いたします。

<党本部作成の取り組み報告より抜粋>
【救援募金のお届け先について】
民主党では昨年末の震災直後より復旧救援活動の一環として全国で街頭募金を開始し、3月末現在で800万円強の浄財が集まりました。このたび皆様からお預かりした貴重な義援金を、現地で救援活動に取り組むNGO(非政府組織)にお渡し致しました。
NGOの救援活動は、迅速かつ柔軟で現地の実情に密着したものであると、被災者はじめ被災国政府、国連機関の間で高く評価されています。被災地の子どもや女性、障害者などの支援をもっとも必要としている人々に手を差し伸べるには、こうしたNGOへの支援が有効です。そこで、被害の甚大なインドネシア又はスリランカで救援活動を展開しているNGOのなかから、党被災地調査団の報告などを参考に以下のNGOにお届けいたしました。

【お届け先のNGO一覧】
◆インドネシア
現地NGO:
1  NGO Coalition for Advocace
2  Perempuan Meredeka(Women for Independent)
3  Aceh’s Ulema Consultative Assembly
4  People Crisis Center
5  EPC(Education and Prevention Center)
6  Gerakan Peduli Anak Dini Usia
日本NGO:
1  ピース ウインズ・ジャパン
2  AMDA

◆スリランカ
現地NGO:
1  サルボダヤ・シャラマダナ運動
2  IMADRアジア委員会
日本NGO:
1  難民を助ける会
2  JEN

※義援金をお届けしたNGOに対しては、具体的な事業活動報告の提出をお願いしています。